2006年02月20日

換気口から聞こえる声。

うちの隣部屋のAさんちは、幼稚園に行ってる小さい女の子と
そのお父さん、お母さんの3人家族。

お父さんの姿は見たことないけど、
一度だけ、お母さんと喧嘩してる声だけ聞いたことが有る。

お母さんの方は多分、私と同い年くらいかな。

小柄で地味な顔立ちで、あまり化粧っ気も無い。
なのに着てる服は小学生が好みそうな水色やピンクのトレーナーだったり、
子供から借りたのか?って感じのピンクの耳当てを
付けてたり、なんかアンバランスな感じの人だ。

廊下ですれ違う時に挨拶しても、無視されることもあって
びっくりする。

「暗い人だなあ〜」という印象なんだけど、
時々・・・、いや、しょっちゅう、その隣の部屋からは
怒鳴り声が聞こえてくる。

子供を怒鳴りつける声。

すごいヒステリック。

本人も訳が分からなくなってるんじゃないかと
思う程、延々と叫び続ける。

バーンッ!!とかドーンッ!!とか、壁にぶつかるような音が
聞こえるとちょっとビビル。

どうか虐待とか起こってませんように・・・。


この間も昼間、お風呂に浸かりながら、
のんびり本を読んでいたら、

天井の換気口から、またお隣さんの怒鳴り声が・・・。

うわー、リビングに居る時より、響いてよく聞こえる。

子供に何か片付けものでもさせようとしてるのか、
「早く!はーやーくっ!!はやくーーーっ!!!」と
いろんなイントネーションで叫び続けている。


「早く!早く!!早く!!はーやーくーーーーー!!」


ひゃ〜〜〜〜、もう既に何十回の「早く」が
彼女の口から出てることか・・・。

こんな風に急かされたら、大の大人でも
怖くて泣いちゃうよー。

可哀想になあ・・・。

今頃、あの小さな女の子は恐怖の真っ只中に居るんだ。

何かあったら警察に、とは思ってるけど、

早く、大人になって独立出来るといいな。
でも、まだあと13〜4年くらいは耐えなきゃ、か。
どうか、それまで、せめて殺されませんように・・・。




これ、お風呂に入る前にいつも使っている
「AHAクレンジングリサーチ」。

クレンジングミルク.jpg

流行りの「ミルク・クレンジング剤」だ。

オイルクレンジングは肌を傷める、と
佐伯チズさんの本を読んでから、ずっとコレ。

すぐ無くなるのでコストパフォーマンスは悪いけど、
肌の調子も良くなったので、手放せなくなった。

お薦め。
posted by 諸慕記知 at 00:11| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。