2007年01月06日

なぜ、いろいろ試さなかったのか。

うちのご飯は、いつも玄米100%。

圧力鍋があるので、炊くのも簡単。

炊き方はネットで調べた。

米2カップに対し、水は2.5カップ。
最初、強火で、重しが回り始めたら、弱火にして20分。
その後、火を止めて、フタをしたまま20分放置。
で、出来上がり。

「少々、ポソポソしてる感じもするけど、
玄米って、こういうもんでしょ?」

・・・と、ずーっと、思ってたんだけど、気が向いて、
別の炊き方を調べてみた。


これが、その別の方法。
   ↓
米3カップに対し、水720CC(柔らかめの場合は760CC)。
最初、強火で、重しが回り始めても2〜3分はそのまま強火。
その後、弱火で25分。火を止める前に、一瞬、強火にする。
火を消したら、鍋をコンロから外し、12〜13分放置。

大して、変わらないだろうと思って、やってみたけど、
もう、ぜーんぜん違った!

玄米とは思えない位、もっちもち!
シャモジを入れた瞬間、「なんだ!?この粘りはっ!!!」と
驚いてしまった。

あと、うっすら出来る、鍋底のオコゲ。
これが香ばしい〜。

ほんの少し、やり方を変えるだけで、
同じお米がこんなに劇的に変わるのか。

何でもそうだけど、一つのやり方に固執すると、
損するなあ。

今回は、たかが米の炊き方なんだけどさ。





最近のトワキチ。

??????〓19.gif

相変わらず、元気です。

動物病院の言いつけは守らず、処方された餌は
あげてない(高いから)。
でも、お陰様で、今のところ尿結石の症状は出てない。

市販のカリカリとウェットフードを半々であげている。

まずい「薬入りカリカリ」より、美味しいウェットフードの方が
トワキチも大喜びだし、水分を多めに取ることで、
尿結石の予防にもなるだろう。

所詮、猫の寿命なんて、長くても20年くらい?

マズイ飯を食べて、長生きさせられるより、
旨い飯を毎日食べて、早く死ぬ方がまだ幸せな気がする。

それでも、毛づくろいの流れで、チンチンを舐めようとしてる時は叱る。

前に動物病院の先生に「きっと、結石のせいで、チンチンに違和感が
残るんでしょう。あまり舐め過ぎると、尿管が壊れて、
尿路を別に作る手術が必要になりますので、
気付いたら止めてあげて下さい」と言われたから。

壊れても、そんな手術代はどこにも無いぞーーー。

舐めようとするたびに、
「コラー、チンチンナメルナーーー!」と叫ぶ私。

最近はトワキチも、ビクッとして、すぐ止める。
大股開きしてた足も、ソッと閉じる。

よし、よーし!

あと、「ゴハン、ゴハン、ゴハンダヨ〜♪」と言うと餌皿の方に来る。
「オフロ、オフロ、オフロダヨ〜♪」と言うと、サッと湯船のフタの上に
来るようになった。

クマのマスコットを投げると、犬のように走って拾ってくるようになった。

いたずらも多いけど、いい猫に育った(贔屓目)。
posted by 諸慕記知 at 00:48| Comment(5) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。